特集記事

  • ホーム
  • イベントレポート
  • 第2回 食withレシピ甲子園「食卓がずっと、笑顔であふれますように。」

第2回 食withレシピ甲子園:食卓がずっと、笑顔であふれますように。2316作品のご応募いただきありがとうございました。

「健康、笑顔の朝ごはん」をテーマとした高校生の料理レシピコンテスト「食withレシピ甲子園」。第2回は全国から2,316点のオリジナリティーあふれる作品が寄せられました。栄養バランスを考え、食材の生かし方や盛り付けの彩りなどに工夫を凝らした、朝から笑顔がこぼれるようなレシピが出そろいました。12月14日(日)、書類審査を通過した8名が京都女子大学に集い、レシピを再現する最終審査会に参加し、腕を競いました。

最優秀賞/大切なあの人のための朝ごはん…♡
大切なあの人のための朝ごはん…♡のレシピはこちら

京都女子大学栄養優秀賞/さっぱり和風モーニングプレート 有坂翔太特別賞/お目覚めモーニング
レシピはこちら レシピはこちら

優秀賞/好みの具材でさっと朝茶ごはん 優秀賞/かわいい朝ごはん
レシピはこちら レシピはこちら

優秀賞/Happy モーニングセット♡ 優秀賞/麩れんち
レシピはこちら レシピはこちら

優秀賞/おひさまドライカレー
レシピはこちら

団体賞

就実高等学校
徳島県立徳島北高等学校
三重県立神戸高等学校
京都府立鴨沂高等学校
兵庫県立篠山産業高等学校
徳島県立富岡西高等学校

兵庫県立鳴尾高等学校
兵庫県立武庫荘総合高等学校
聖母被昇天学院高等学校
神戸山手女子高等学校
多治見西高等学校
兵庫県立西脇高等学校
岡山県立倉敷中央高等学校

鳥取城北高等学校
奈良県立高円高等学校
兵庫県立三田祥雲館高等学校
京都文教高等学校
智辯学園高等学校
和歌山県立紀央館高等学校

第2回となった今年、応募総数は昨年よりおよそ1,000作品増え、レベルも上がってきたというのが全体の印象です。とくに、最終審査に残った8名のレシピは、甲乙付け難く、審査に苦労しました。
調理の様子も拝見しましたが、手際よく品目の多いメニューも仕上げられていて、感心しました。
また、今回は、車麩でフレンチトーストを作ったり、ちくわをハート形にしたりと、新鮮な感覚の料理にも出会えました。
来年も、今まで見たことのない、新しい食べ方を提案するレシピを期待しています。
ぜひ、審査員である我々を驚かせてください。

最終審査会

手際よくレシピを再現。真剣な表情が印象的。

最終審査会では、実際に調理し、レシピの再現性や60分以内に調理できるか、味・食べやすさ・食感なども審査されました。初めての調理室に緊張した様子の参加者も、スタートの合図が出ると真剣な面持ちで調理にとりかかりました。全員が手際よく時間内に完成。調理の後は、審査員を前にレシピのポイントを発表しました。「全力を出し切れました」という参加者の表情には達成感があふれていました。