食with「レシピ甲子園」高校生がつくるレシピコンテスト開催!

Mainテーマ:食を通して、家族を笑顔に「健康、笑顔の朝ごはん」

応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

読売新聞では、「食を通して、家族を笑顔に」をキーコンセプトとし、高校生を対象としたレシピコンテストを、京都女子大学栄養クリニックとの共催で実施します。
高校生が自ら食材を選んで、「家族や自分の健康を考えて、家族に喜んでもらうため」につくる朝ごはん。
慌ただしい朝に、簡単につくれて、栄養バランスもよい朝ごはん。
―そんな素敵な“朝ごはん”のオリジナルレシピを募集しています。奮ってご応募ください。


応募資格 高校1年生〜3年生
応募方法 テーマに沿ったレシピを作成して専用応募用紙に必要事項を記入し、完成作品の写真を貼付の上応募。
未発表で本人のオリジナルレシピに限ります。

  • 「主食」「主菜」「副菜」3点のレシピでも、1皿で栄養バランスがとれているものでも構いません。
  • グループでのレシピ作成は不可とします。
  • 2次審査通過の方を対象に、12月15日(日)に京都女子大学で実際にレシピを再現していただき、各賞を決定する最終審査会を実施します。(交通費と、遠方の方は宿泊費も支給。会場は予定で変更の可能性があります)
  • 下準備〜盛り付けを含めて3人前を60分以内で作れるレシピであることを前提とします。

※記入いただいた個人情報は本コンテスト以外では使用いたしません。
※入選した場合、作品を新聞や専用ホームページ等で発表します。その際、氏名や学校名を公表します。
※専用応募用紙は返却いたしません。

送付先 〒539-0027(住所不要) 読売新聞大阪本社広告局「食withレシピ甲子園」事務局
※学校単位でまとめて送付の場合、団体応募用紙に必要事項を記入し、添付してください。
 その際は個々の専用応募用紙に高校の住所・電話番号を記入する必要はありません。
審査基準
  1. 「テーマとの合致」…………………テーマに沿うものであるか、思いがこもっているか
  2. 「栄養価」……………………………栄養バランスが考えられているか、食材を生かしているか
  3. 「新規性・独創性」…………………オリジナリティーあふれるレシピかどうか
  4. 「再現性」……………………………誰でも簡単につくれるように具体的でわかりやすいレシピかどうか
  5. 「60分以内で調理できるか」……下準備〜盛り付けを含め、3人前を60分以内で調理できること
※最終審査会では6.「味、食べやすさ、食感」を加えて評価します。
※最終審査会では事前に下準備したものを持ち込むことはできません。
贈賞
  • 文部科学大臣賞[1点]……………盾と図書カード(5万円)
  • 京都女子大学優秀賞[1点]………盾と図書カード(3万円)
  • 和食賞[1点]………………………盾と図書カード(2万円)
  • 優秀賞[5点]………………………図書カード(1万円×5点)
  • 団体賞[数点]………………………賞状・記念品
※各贈賞数は変更する場合があります。
応募締め切り 2019年9月27日(金)必着
入選発表 2次審査通過の方を対象に、12月15日(日)に京都女子大学(京都市東山区)で最終審査会を実施し、各賞を決定。表彰式を行います。2次審査通過者にのみ高校を通じて通知します。
読売新聞大阪本社版朝刊、専用ホームページでは2020年1月頃発表予定です。

※会場は予定で変更の可能性があります。
問い合わせ先 06-6364-9005
読売新聞大阪本社広告局「食with レシピ甲子園」事務局[平日午前10時〜午後5時]