大学SELECTION 大学の実力 読売新聞大学特集 広告 企画・制作 読売新聞社広告局・マナビジョンブック編集部
大谷大学
2018年4月、3学部体制に生まれ変わる、新しいリアルな学びがスタート
大学からのメッセージ「学びの魅力と特徴」学生インタビューや旬なトピックスはこちら

INTERVIEW トップインタビュー木越 康 学長

「寄りそう知性」と「利他」の精神を備えた人物を育てたい

仏教の精神を教育に展開する3学部体制

大谷大学は、鎌倉時代の仏教者・親鸞の思想に基づいた教育・研究を推進する大学です。自分の利益ではなく、他者の利益を求める「利他」の精神を大切にする人材を育てます。

2018年4月、社会学部、教育学部を新設し、文学部と合わせた3学部体制に生まれ変わります。これにより、本学の精神をさらにわかりやすく示し、教育活動の中で展開することができるでしょう。社会学部は、具体的に地域に入って連携、活性化に取り組みます。調査やデータ管理、IT活用で必要になる情報系のスキルも重視した文理融合型の学部です。教育学部は、小学校・幼稚園教諭、保育士の資格取得を目指せます。文学部は、仏教・社会・歴史・文化など幅広い分野の基礎を固め思索する学部で、本学の教育の基盤となる場所です。いずれの学部でも他者に尽くす、他者を豊かにするという考え方は共通しており、仏教思想を学ぶ「人間学」の授業が初年次は必修となっています。


大学の方向性を共有するメッセージ「Be Real」

3学部体制の新たな本学を象徴するメッセージが「Be Real」です。二つの「実」、目の前の「現実」と、仏教で言う真理の姿「真実」という意味を込め、真実を求めながら現実に立ち向かう姿勢を表しています。さらに、学びの中で得られる知性は他者に寄りそうものであることから、「寄りそう知性」というサブフレーズを付け加えました。

メッセージ決定にあたっては、教職員からアイデアを募り有志で議論を重ねました。その過程で、大学の求めるものや目指す姿を改めて理解、共有できたのは非常に大きな成果です。学生たちにも浸透し、このメッセージを大切にしてくれることを願っています。


Profile

木越康(きごし・やすし)
大谷大学大学院文学研究科博士課程(真宗学専攻)満期退学。財団法人私学研修福祉会国内研修員、大谷大学文学部教授、副学長などを経て2016年4月から現職。


将来の姿を考えた大学選び

高校生の皆さんにとって、大学は学制上のおそらく最後の教育機関です。成績と照らし合わせて選ぶのではなく、一度ゆっくり自分の将来を考えてみてください。5年後、10年後、自分はどんな人間になりたいのか、どんな形で社会と関わりたいのか。たとえば、困っている子に寄りそえるような教員になりたい、過疎地域や福祉の分野で弱者に寄りそえる人になりたいなど、本学の理念に共感できるのであれば、ぜひ学びを通してそれを実践してください。競い合い、争い合い、勝ち上がることが人生の目標と考えられがちな今日、本当に世の中で必要とされているのはどのような人間なのか提示していくのは、仏教系大学としての責任でもあります。本学で学んだことに自信と誇りを持って卒業してもらえるような教育を展開していきたいと考えています。


文学部は6学科となり、引き続き、宗教・哲学・歴史や文学、異なる文化を学ぶことを通じて人間のあり方を探究する

大谷大学のHPはコチラ 資料の一括請求はコチラ

「Benesse マナビジョン」資料請求画面にジャンプします。(別ウィンドウで開きます)
※「Benesse マナビジョン」は、(株)ベネッセコーポレーションが管理・運営するインターネットサイトです。提供する情報・内容などの著作権は、(株)ベネッセコーポレーション、および原著作者に帰属します。
※資料の一括請求の中には一部有料の資料があります(同志社大学、島根大学)。願書が不要な方は「願書」の項目のみ資料請求一覧「削除」をチェックしてください。

資料請求はコチラ

「Benesse マナビジョン」資料請求画面にジャンプします。(別ウィンドウで開きます)
※「Benesse マナビジョン」は、(株)ベネッセコーポレーションが管理・運営するインターネットサイトです。提供する情報・内容などの著作権は、(株)ベネッセコーポレーション、および原著作者に帰属します。

特集大学
ページトップへ戻る