読売新聞大阪本社は2016年4月28日(木)朝刊(近畿2府4県の一部限定)のテレビ面で、AR(拡張現実)を使用した番組広告企画を実施します。

ただいま企画を視聴するためのスマートフォン用ARアプリ「RealAR」をダウンロードし、体験いただいた方にすてきなプレゼントが当たるキャンペーンを実施しています。くわしくは4月28日(木)の朝刊(近畿2府4県の一部)をご覧ください。

今すぐアプリをダウンロード

  • RealAR

    RealAR

    開発: Taishinmaru Inc.
  • iPhone・iPadを
    ご利用の方
    QRコード
  • Androidを
    ご利用の方
    QRコード
  • ・iPhone及びiPadご利用の場合は、iOSバージョン9以降、Android端末ご利用の場合はAndroid4.4以降が推奨環境となります。
  • ・推奨環境以下のバージョンをご利用の場合は、適正な動作をしない場合があります。
  • ・RealARは通信回線を利用してARのコンテンツ表示を行います。そのため通信が弱い場合や不安定な場合は、ARをご覧いただけない場合があります。
  • ・アプリのダウンロード、動画の閲覧には別途通信料がかかる場合があります。
  • ・「iPhone」「iPad」はApple lnc. の商標です。
  • ・「Android」はGoogle lnc. の商標または登録商標です。

この企画に関するお問い合わせを、QA形式でご案内いたします。

AR/RealARについて

「AR」とは何か?
AR(Augmented Reality=拡張現実)とは、スマートフォン(タブレット)を通して見る現実世界に、文字や映像、音楽などのデジタル情報を重ね合わせて表示することができる技術です。
「RealAR」は読売新聞が開発しているのか?
RealARは(株)大進丸が開発しているアプリです。
他のARアプリでは視聴できないのか?
できません。お手数ですが「RealAR」をダウンロードしてください。
どのようにダウンロードすればよいのか?
こちらからダウンロードしてください。
RealARはダウンロードできたが、ARが表示されない
RealARのアイコンをタップしてください。カメラが起動します。
指定されている広告を、しっかりスマートフォン(タブレット)の画面に映してください。
画面にマーカーが映ったら、しばらくそのままにしてください。
すぐに離したり、画面を動かしたり、大きく(または小さく)映しすぎると上手く表示されないことがあります。
明かりが暗いかも知れません。お部屋を少し明るくしてください。
4月28日付の朝刊(近畿2府4県の一部)で間違いないでしょうか。番組表の読売テレビの欄の色がついている部分にかざしてください。
※お手持ちのスマートフォン(タブレット)にカメラ機能が無いと使えません。
音が出ない
お手持ちのスマートフォン(タブレット)の側面にあるボタンでボリューム調整ができます。マナーモードになっていないか確認してください。

※上記のほか、RealARに関するその他のQ&Aはこちら

ARの視聴方法について

どのように視聴すればよいか?
アプリをダウンロードし、起動したのち、スマートフォン(タブレット)を読売新聞4月28日(木)朝刊(近畿2府4県の一部地域)のテレビ面の番組表の「ダウンタウンDX」の部分にかざしてください。

プレゼント応募について

どのように応募すればよいか?
アプリを起動後、スマートフォン(タブレット)を読売新聞4月28日(木)朝刊(近畿2府4県の一部地域)のテレビ面の番組表の「ダウンタウンDX」の部分にかざしてください。AR終了後、「読売新聞 RealAR体験キャンペーン」ページに移動しますので、必要事項をご入力の上、ご応募ください。ひとつの端末からのご応募は1回のみとさせていただきます。
※当選発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます
※お預かりした個人情報は賞品の発送以外には使用いたしません
アプリ以外に応募方法はないのか?
ございません。今回はARを体験いただいた方のみを対象としたプレゼント企画となっております。何卒ご了承ください。
PAGRTOP